平均して月に2〜3万円水準借りていました

実に多重借り入れ奴という経験をした今となっては、キャッシングはそもそも手を出さないほうがよかったのではないかと思えます。無論、便利だと感じることもありますし、これで助かっている輩もいないわけではありませんが、ボクのように気力が弱々しい人にとっては借金を増やすだけの造りでしたし、やめるタイミングも随分つかめずに苦労しました。
ボクのタイミング、最初は非常に軽々しい理由でした。以前から広報などで消費者金融を見ていたこともあり、親しみ易いという考え方がありましたし、一定期間金利を取らなかったり、キーポイントサイトを経由する結果大量キーポイントがゲットできるなどの思いやりを感じていました。とはいえ、必要もなく借金をする気にはなれなかったのですが、ある日急に女房と会うことになり、家に帰るお忙しいままに待ち合わせ場所に向かわなければならなくなりました。その日は女房にとって単なる歓喜をしたいと思っていた場合でしたので、手持ちの財では足りないと考え、無人入会タイミングで借り入れをすることにしました。クレジットカードや金銭カードも実家においてきたために他にテクニックがありませんでしたし、以前からアッという間に返せば大きな喧嘩にはならないと聞いていましたので、ひとまず2万円ほど申し込んでみたポジション、エントリーから審査の承認まで数十分水準、アッという間にカードが発行されました。その場にあったATMで原資を引き出すことができ、あっけないほど簡単であったことにとにかく驚きました。
その時は翌日にすぐ返済したので利子が付きませんでしたが、その後も月末など資金が低いときに借り入れをするようになりました。毎月の返済が安いこともあって、平均して月に2〜3万円水準借りていましたが、気が付けば通算十万という借金になり、毎月の返済も借入額より大きくなりましたし、利子だけを返すような状況になりました。その場で借り入れ組合せをすればよかったのですが、その後も他社で最新申し込みをして借金をしては返済に充てるといった動向を繰り返した申込、ようやく返済ができなくなって倒産までしなければならなくなりました。今では借り入れができなくなったというのもありますが、自分としても再度借金をしないようにしようと決心しています。そのため、やりくり簿をつけて生活費を管理して、月末にお金欠落にならないようにしたり、少しずつ蓄財をするなど本人統括もできるようになりました。